グーグル設定

豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

紫外線について

紫外線

最近、よく聞く言葉である「お肌の大敵紫外線」とは、いったいどんなものなのか知っていますか?

目に見えない光の一種で紫色の光より強いエネルギーを発する電磁波の一種です。紫色の光を超えた光なので英語ではultraviolet と言われ、UVと略されます。紫外線対策がUVケアーとかっこよく言われるのはこの英語からきているのですね。また、紫外線は化学的な影響を生物に起こすことが多く、殺菌消毒、ビタミンDの合成、新陳代謝の促進などを有益な反応もありますが皮膚の遺伝子に影響を与えて皮膚がんの原因にもなります。紫外線には3種類ありますが、それは以下にお話します。

UVA

直接的に日焼けの原因になる紫外線ではないため、最近まではあまり心配のない紫外線と思われていましたが、長期の暴露で肌の深部に影響を与え、しみやしわの原因になることが分かってきました。

UVAは曇りの日でも屋内でガラスを通してもふりそそぐ紫外線のため、日々の日焼け止め対策とともに紫外線防止フィルムなどを窓に貼るなどUVA対策が必要です。

UVB

肌の表面に直接的な影響を与える紫外線です。日焼けや水ぶくれの原因になります。日が照っている時にはこのUVBがたくさん照射されているので日焼け止めや日傘などの紫外線対策が必要ですが、くもりの日やガラスを通して照射することは少ないと言われています。

UVC

太陽光から照射される紫外線にはUVC(波長の違い) も含まれますが、これは地球のオゾン層で吸収されるため今までは地表面には届いていませんでしたが、昨今のオゾン層の破壊で徐々に地表面に届いている量が増えてきています。UVCは肌にUVBよりも強い火傷を起こすため、今後は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP