グーグル設定

豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

足の骨の数はいくつ?

足の骨ってたくさんの小さな骨が集まって体を支えてるとても複雑な構造をしてるんですね!

先ずは足先の指を構成する趾骨(しこつ)が14個、土踏まずのアーチを構成する前方の足指のつけ根の関節を構成する中足骨が5個、アーチの後方部分のかかとを構成する足根骨が7個、さらに腱の中にあるちいさな種子骨が2個の合計28個、両足を合わせると56個の骨で体を支えています。

体全体の骨の数が200個あまり、つまり体の骨の1/4が足に集中しています。この複雑な骨や筋肉・腱の構造で人類は2足歩行ができます。レオナルド・ダ・ヴィンチは「足は人間工学上の最高傑作であり、かつ最高の芸術作品だ」と賞賛しています。

しかし、この複雑で精密な足も日々の手入れがなければ足として役割果たすことができません!

そんな足の正しい知識に基づいたトータルアドバイザーを「顔と足の専門サロンYLC」はめざしています。

FACEとFOOTの専門サロンYLCは土日・祝祭日もオープンしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP