豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

こんなちっちゃいのに、なんて大切な足の爪╰(*´︶`*)╯♡

足の爪ってなんでついているんだろう?足の爪を切るたびに苦しい姿勢をしながらそんなことを思ったことはありませんか?

こーんなにちっさい足の爪。実はとっても大事な働きをしているんです!

立っているあなたの重い(失礼!)体を支え、あるく時には足の指先が蹴り出す力を伝えてくれているのです。

足の爪がなかったり、あるいは痛みを感じる場合、バランスよく体を支えることができなくなったり、足の痛みを軽減させようとしてバランスを崩し、腰痛や膝の痛みなどを引き起こします。足自身も、本来力の加わらない場所に重さや力がかかることによって、巻き爪になったり、足裏にタコや魚の目ができたりします。

いつまでも自分の足で自由に快適に生きていきたい。そのためには、足の爪をいたわりながら日々の生活を送ることがとっても大切です。

(N)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP