グーグル設定

豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

巻き爪の治療が痛くて痛くて!

「巻き爪の治療が痛くて痛くて!・・・・歩くと痛いけどもう二度と巻き爪の治療は嫌!」という方が来られました。

拇指の内側部がかぎ状に曲がって皮膚に食い込んでいます。少しで当たると痛いので親指を浮指にして10年近くも歩いているそうです。

なんとか親指で大地をけって歩いてほしいですね。(踵から小指に重心を移動し、最後に親指で大地をけって次の一歩を踏み出すのが正しい歩き方です。)

親指をゆっくりゆっくり広げてなんとか食い込みを開きました。あとはアクリル板とハードジェルで広がった爪を固定します。ハードジェル固定は1か月ほど持ちますが、2週間以内に外れた場合は無料で固定し直しますよ(^^)v

巻き爪ケアは全然痛くなかったそうです。親指を大地につけても全く痛いないそうなので、さっそく今日からご本人さん自身の日々のケア行ってもらいます。そう!この日々のケアが大切なんです。自分の足をいたわってあげましょう。

(自分でする足指セルケア】

踵から小指そして親指でけりだす足の三角アーチを利用した健康な歩き方(YLCでは必ず指導しています】

入浴時の足指ケア(指一本一本丁寧に洗ってあげましょう:特に指間もね!)

踵から足指に重心移動のユラユラ体操(一日数回でいいですよ~ 思い出した時にしましょうね)

足指グー・チョキ・パーや足指タオルギャザリング(こちらも疲れすぎないようにヒマなときにね:足指の筋肉を鍛えます)

巻き爪の治療後は痛くなくなった足指を使って歩くことが再発予防の絶対条件です。

今までの歩き方を改めて一か月後にはさてどうなっているでしょうか!

巻き爪の現状が知りたい方は院長ブログ

FACEとFOOTの専門サロンYLCは土日・祝祭日もオープンしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP