豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

吉村レディースクリニックで行っているそがわ式無痛陥入爪治療 角質化した肉芽編

当エステの院長が開設している吉村レディースクリニックのそがわ式陥入爪治療の経過をご紹介します!

陥入爪による慢性肉芽が角質化変化を起こしています。痛くなると爪を切らずにご自身で爪を剥いていたので、時には思わぬところまで爪がとれたこともあったそうです! 

足爪のカットは爪ニッパーを使ってスクエアカットが安全ですよ~

左が側爪郭の肉芽が角質化
そがわ式ワイヤーをかけた直後

そがわ式ワイヤーを炎症部分にかけましたが、まだ爪棘は奥深くにありそうです。しかし、これ以上奥の爪側にそがわ式ワイヤーをかけるのは痛みが伴います。残念ながら初回は炎症が収まるのを目的にここまでのアプローチしかできませんでした。しかし、来院された時の足指の痛みはこのワイヤーだけですっかり取れたそうです。

下は1週間後の来院時の写真です。

ゾンデの下に見える爪棘

側爪郭の炎症が収まり、角質化した肉芽が縮んできたので、指皮膚を傷つけている爪棘がはっきりと見えてきました。これでワイヤーは目的の箇所に容易に掛けられます。写真のように側爪郭の爪棘の奥の爪側に2本目のそがわ式ワイヤーをかけました。もちろん、痛みはありません!!

あとはじっくりと爪が伸びるのを待つだけです。

今までは靴が爪に当たると痛くてクロックスしか履けなかったらしいのですが、初回の治療をしてからは普通の靴を履いても痛くなかったとのことです。それならもう大丈夫だろうということで、正しい歩き方とスクエアカットの爪切り指導をしました。あとは爪が自然に矯正されるのをじっくり待つだけです。

痛くなったらその部分の爪をカットするのは根本的な治療ではありません!!

爪を矯正し、爪のカットに注意して、歩き方をかえましょう。再発は格段に少なくなります。

無料相談は写真を添えてお問い合わせフォームからメールを送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP