豊中のエステサロンYLCがお伝えする美と健康の話

三本の指が爪囲炎を起こしてしまった患者さんの治療例 in 吉村レディースクリニック

他のクリニックで半年以上、爪切除や肉芽焼灼、軟膏治療を受けていましたが、なかなか治らないので当エステに相談LINEをされたお客様です。炎症が強いため、 吉村レディースクリニックを紹介して治療してもらいました。

また、巻き爪が痛くなれば炎症をおこさないうちにこちらのお越し下さい。

初めの状態です。
指の3本が炎症なのでかなり歩くのがおつらそうでした。


来院時の左足親指と人差し指
来院時の右親指

吉村レディースクリニックでは先ずそがわ式ワイヤーと長谷川式コットンパッキングで爪棘を持ち上げ、皮膚に直接、爪棘があたらないよう処置を行いました。

そがわ式ワイヤー装着


右親指・人差し指:そがわ式ワイヤーとコットンパッキング


左親指:コットンパッキング

左親指のコットパッキングは応急処置だったので3日後にはそがわ式ワイヤーをかけました

2週間後の状態です。左足の人差し指は炎症もほぼ収まりかけていますが、左右の親指はまだ炎症が残っています。

治療2週間後の右親指の状態

治療2週間後の右人差し指の状態
治療2週間後の左親指の状態

右親指の肉芽の炎症がひいたので爪側に本来の爪棘が見えてきました。その奥に2本目のワイヤーをかけました。

左親指はワイヤーがはずれたのでこちらはアクリル人工爪にして様子をみました。

1ヶ月後、炎症はおさまり、ワイヤーもとれたので、コットンパッキングで爪が伸びるまで炎症が再発しないかどうか様子観察としました。


ワイヤーのとれた右親指

左足親指も炎症がとれ正常な爪が後爪郭から伸びてきています。

さらに1ヶ月後には炎症も収まったので、ワイヤー、パッキング、アクリル人工爪をはずして、完治としました。

左足親指:前医での爪切除の割線が右上方に残る

ただ、右足親指の爪は前方はジェル固定で割れてこないようしているのでそこだけは残しました。写真のように後爪郭右上方に白い割線が認められ、爪が割れやすくなっています。 このような爪母を傷つけると爪の形は容易に変形し、治癒しない場合もあるため注意しなければなりません。

左足人差し指
右足親指

爪囲炎は適切な治療を受ければ1~2ヶ月で完治します。ただ爪が巻きやすいかどうかは髪の毛と同じでその人の爪癖です。一度完治したからと言って安心しないで、歩き方や爪の切り形、再発予防グッズなどを駆使して2度とおこならないようにご自身で注意してください。

巻き爪治療:再発しないためにすること

また、痛くなってきたら早めの受診で簡単な治療で治る場合があります。当エステでもクリニックでもどちらでもよろしいのでご相談ください。

LINEをされていない方はこちらのお問い合わせフォームに写真を添えて お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP